ミニチュアミシン


by milk-tea-time-rr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プチフォーマルⅢ

私が持っている喪服は母からのお下がりで、古いだけに縫製は丁寧だしデザインも凝っていて
かわいく、とても気に入っています。
半袖のワンピースと丈の短いジャケットの組み合わせ。
夏も着られるようになっているのでしょうけど、しっかりした織りのウールに化繊の裏地。
暑いし、汗が背中に張り付いて着心地が悪いと以前から思っていました。

この夏は法事があるので、必ず着なければなりません。

大胆にもこんなことを・・・
c0184316_1141950.jpg

                      パターン:「ホームクチュールの愉しみ」茅木真知子

足が見苦しくて、申し訳ない・・・

このところ単純な製図のチュニックや子供服ばかり作っていたのですが
こういった考えられたパターンは本当に面白いです。
ウエストで切り替えがないタイプ。その分、ダーツが縦に入っています。
パネルダーツの切り替えライン・・・婦人服は奥が深いです。

生地は100%ウールのジョーゼット。
薄手でざっくりした織り、透け感があります。
問屋街のフォーマル生地コーナーで見つけました。(お安かったです)
他にも「アルマーニ」と書かれたよさそうなウール地など3000円未満で発見。
子供用のジャケットなど作ったらなんちゃってアルマーニ?なんて妄想しました。
(縫製の質が違いすぎてダメですね。良いものは生地だけでなく縫製も素晴らしいです)

今持っている喪服を買い換えられなかった理由のひとつが、市販のフォーマル服が
ぺらぺらしたポリエステルが主流なのに結構良い値段がすることでした。
生地が安いのに何故高い!?
なので上質な生地で作りたかったのです。
透けるし、肌質がウール負けするので(かゆくなる)裏地が必要。
ウエストで型紙を分断。
スカート部分はストッキングに張り付くとイヤなので滑りの良い化繊で作り、
見頃と袖には薄手のインド綿を使いました。
コレでペタッと張り付くことなく快適に過ごせる、はず!



ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとしてくださいね。
c0184316_13495270.gif人気ブログランキングへ
[PR]
by milk-tea-time-rr | 2009-07-22 11:24 | ハンドメイド・大人服